自分のお気に入りの曲で音質を判断する。

いい音って、どういう音なんでしょうか。ある程度の音質っていうのはあるのでしょうけれど、そこから先は、個人の好みになってくるのではないでしょうか。

ツヤのある音が好きな人もいれば、昔の録音機で収録されたような音が好きっていう場合もあるでしょう。

元は、ライブの音なわけですから、いい音って、究極に言うと、オーディオ機器はいらなくて、目の前で演奏してもらえば、それが、いい音になるっていうことなんでしょう。

しかし、さらに突き詰めると、目の前で演奏してもらったとして、そのとき使っている楽器が、いい音を出しているのかっていうのがありますよね。

オーディオマニアになってくると、何年の何月何日に録音された、この曲が、もっともコンディションがよく、いい音を出す楽器を使っているから、それを聴くっていうふうになってくるのかも。

クラシックでは、そういうのがありそうですね。

音を出す再生機器、スピーカーも大事だけれど、録音技術の向上も欠かせないです。よく規格が変わるっていうのがありますよね。

CDからハイレゾになるみたいな。こういうときには、どういう音質になっているのか、実際、聴いてみるのが、一番理解しやすいのでしょう。

自分のお気に入りの曲で聴いてみるのが一番ですよね。普段から聞いていたわけですから、高音質になったときの音の違いが、すごい分かりやすいです。

こういう高音質企画が登場したすぐのときには、対応機器が高くて、なかなか機器をそろえるのに費用がいるっていう場合は、お店で試聴させてもらえたら、うれしいですよね。

そのときも、お気に入りの曲が聴ければいいんですが、そういうふうにしてくれるところってあるのでしょうか。

同じカテゴリー(オーディオ関連)の記事
 絵と言葉で説明してもらうと、分かりやすい。 (2015-12-02 12:36)
 コンサートで聴く音が、一番高音質っていうことになるのかな。 (2015-09-08 21:35)
 なるべく、いい音質のだと寝つきが、よくなるものなのかな。 (2015-08-20 17:00)
 心が疲れたときには、音楽を。 (2015-08-14 17:52)
 匂いが気にならない環境づくりも大事。 (2015-08-04 14:00)
 音と色。 (2015-06-26 08:06)